スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育てて売るエレベータークラブ-5年目まで

一気に5年目まで進めました。
日記を書いたのは思わずJ1に昇格してしまったから。
2~4年目は、上位と中位でウロウロしてました。
割と適当にやってもそこそこ勝ってしまうのは、慣れているからでしょう。外国籍選手は、未所属選手の獲得に加えアジア枠をレンタルで中東から借りてます。

◆選手放出実績上位10人

百瀬良輔 2億9330万円
古賀正紘 2億5200万円
グレンコビッチ 2億1000万円
ゾンバラーノ 2億530万円
中井浩樹 2億160万円
乾貴士 1億6800万円
白鳥龍星 1億2470万円
小幡康弘 1億2130万円
中嶋祐輔 1億2000万円
犬塚友輔 9970万円

◆獲得時移籍金上位3人

増川隆洋 6300万円
古賀正紘 5600万円
乾貴士 5600万円


と、選手の売りさばきには割と成功しています。ただし、代表に選ばれたりで若干年俸が高騰してきてます。
ここが現在の課題。あと結局、乾や香川に梅崎のような絶対に新規チームには来ないような選手を取ってしまったのも反省。これらの選手はオファー待ちです。あと、チームの中心は無理やり花井聖選手に。花井聖は俺が育てた、をやってます。


◆5年目に昇格
5年目にアンゴラ人FWのフラミオをレンタルで獲得し、得点を量産して見事1位で昇格。

ここからが腕の見せ所ですが、当然完全移籍で買い取るようなお金は無いので昇格後苦戦する予定です。
たまたま当たり外国籍選手を引いてJ1に昇格するというシチュエーション。
中盤にはオファー待ちの若くていい選手(現実のロンドン世代の選手たち)がいますが、DFはおっさんだらけ。
なかなか良い状況です。

理想のエレベータークラブとしては、1年目善戦して2年目に降格ですかね?
FWはレンタルで取ってくる予定ですが、外れのポンコツ外国籍選手を引くのも一興かもしれません。


なおこれまでの基本のフォーメーションは、3バックで、所属選手に応じて中盤の枚数を変えてます。メインは、3-3-2-2もしくは、3-4-3のダイヤモンド。3年目あたりはFWが不足してたので、3-6-1も使ってました。3バックにしてるのは、オファーが来たときに売りやすいように。さすがにサイドバックが都合よくオファー来たり獲得できたり出来ないですからね。


ちなみに、5年目の途中から監督がリトバルスキーこと、リバルトスキーになりました。いよいよ、それっぽい雰囲気を醸しだしてきたようなきがします。


そういえば、最初の設定でサカつく選手多めにしたんですが、これまであまり縁の無かった選手と出会えていいですね。

次回は、残留争いをお届けする予定です。
関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ブルザーノ
サカつく7の監督名をブルザーノにしているので、改名しました。
特にブログ主としての名前を決めて無かったので、仮ですが、ブルザーノとして頑張っていきたいと思います。以前は御坊茶魔と名乗っていました。
スパムコメントが多いため、コメントは承認制にさせていただいてます。よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
コメント
リンク
BLOG WIDGETS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サカつく7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。