スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ACL】2011年シーズン名古屋グランパスをサカつく6で実現-This is Life.This is football.-

昨年優勝を果たし、今年の目標はACL制覇。
これは選手のみならずファンやサポーターも同じ気持でしょう。おそらく。
前回はACLのアルアイン戦前に日記を書きました。
その後、無事ACL今季初勝利を上げ、気分上々でその勢いを持ってサカつく6をやりました。

◆後半戦基本フォーメーション
サカつく6
ダニルソンとブルザノビッチ(ブルジャノジッチ)の起用を解禁しました。
花井聖の格下のブルジャノジッチはベンチスタート。
現在の名古屋は玉田の怪我と永井の起用もあり4-4-2がメインですが、今回は原点に戻って4-1-2-3を採用しました。

◆ACLベスト8
サカつく6
サカつく6にはライバルクラブというのが設定できるのですが、ACLに出るようになると、アジアにも仮想ライバルクラブというのが出てきます。毎回同じなのかはわかりませんが、今回は水原三星をモデルにした水原FC。
大会前やトーナメント前に、相手チームのオーナーが出てきて、こんないい選手取ったんだぜ。と自慢してきます。
今回の場合その選手が、イングランドのシーマンをモデルにしたジーマン。名選手ですが、記憶に残るプレーといえば、やはり2002年のブラジル対イングランドでのロナウジーニョのFKでしょう。年齢のせいで視力が落ちてああいう結果になった、なんて言われてますが。
これまでは、他のポジションの選手が多かったのと(中東のチームがエトーを獲得しながらGLで負けてたこともありました。)、自分のチームと対戦する前に他のJリーグチームに負けることが多かったのですが、今回はベスト8で対戦することとなりました。

そして、結果。
サカつく6
シーマン、鉄壁すぎます。全部シーマンに止められる。ほぼ一方的に攻めてたのに。


◆This is Life. This is football.
グランパスファンとして、到底受け入れがたい結果となってしまいました。
そしてなにより、GLの組み合わせ次第では、実際にラウンド16で対戦する可能性のある水原三星に負けるとは。

しかし、現役時代のストイコビッチがよく言っていました。
"This is Life. This is football."
非常に残念ですが、仕方がない。


今後ですが一応今季終了まではやる予定です。
でも、あっさりした感じになるかも。
それでは、また。
関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ブルザーノ
サカつく7の監督名をブルザーノにしているので、改名しました。
特にブログ主としての名前を決めて無かったので、仮ですが、ブルザーノとして頑張っていきたいと思います。以前は御坊茶魔と名乗っていました。
スパムコメントが多いため、コメントは承認制にさせていただいてます。よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
コメント
リンク
BLOG WIDGETS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サカつく7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。