スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【リーグ終了】2011年シーズン名古屋グランパスをサカつく6で実現

久しぶりにやってみたら、サクサクと進めてしまいました。
Jリーグに飢えてるのかな。今回で2011年シーズン名古屋グランパスをサカつく6で実現シリーズは終了です。
◆前回のあらすじ
前回は、ACLの決勝トーナメントの1回戦で敗退し、今年最大の目標を達成できずに名古屋ファンとして相当落ち込みました。

◆ケネディの負傷
サカつく6
落ち込んでいるとはいえ、リーグやカップ戦はまたやってきます。その状態で、試合をすれば、このように選手も絶不調に。さらにはケネディが全治1ヶ月の負傷。
ACLで負けたことと関係があるのでしょうか。
しかも、この時期頃から、他選手の闘莉王への不満が爆発。やけにリアルで苦笑してしまいました。
ケネディ不在時のフォーメーションはこの通り。ここで良かったのが、ここまであまり活躍出来ていなかった藤本が、このポジションにあがったところ、実力を発揮してくれました。

◆J-18カップ(ナビスコカップ)優勝
サカつく6
ケネディ不在とはいえ、J内ではそこまで影響を感じず、カップ戦は無事優勝。ナビスコに該当する大会ですが、名古屋にとっては、ここも一度は獲得しておかなければならない大会です。
ちなみに、今年は震災の影響で大会方式がイレギュラーとなり、ACL出場チームは3回勝てば優勝という、お得な大会となっています。

サカつく6
そして、大会MVPには増川選手!嬉しいですね。得点王は玉田圭司選手でした。たしか。


◆2011年全日程終了
サカつく6
リーグ戦は、アウェイ鹿島戦での優勝となりました。中々勝てなかったカシマスタジアムで優勝なんてしてしまったら、僕のようなおっさんファンがそこかしらで泣いてそうですね。笑。

サカつく6
シーズン結果は以下のとおり。
Jリーグディビジョン1:優勝
J-18カップ:優勝
ニューイヤーカップ:優勝
スーパーカップ:優勝
ACL;決勝トーナメント1回戦敗退

サカつく6
なお、リーグMVPは闘莉王選手でした。


◆闘莉王FWの結果
ナビスコ準決勝1st・・・68分in|86分玉田得点 94分増川得点 3-1で勝利
第30節・・・83分in|86分玉田得点 1-0で勝利
第31節・・・75分in|1-1引き分け
天皇杯2回戦・・・83分in|93分玉田得点(2-2) 102分三都主得点 3-2で勝利

後半戦は前半戦に比べ接戦が少なかったので、闘莉王が上がるチャンスもほとんど無かったのですが驚異の結果をたたき出しました。特に玉田の活躍が目立ちますね。
一番盛り上がったのはやはり、天皇杯2回戦でした。敗戦濃厚な状態での玉田のゴールに、延長での三都主のゴール。こんなのが本当にあれば、ぶっ倒れそうです。



というところで、今回の、2011年シーズン名古屋グランパスをサカつく6で実現シリーズを終えたいと思います。長い間ご愛読いただきましてありがとうございました。

とはいえサカつく7EUROプラスが出るまでは、こちらで遊ぶ予定なので。また違うシリーズをプレイしていくかもしれません。
それでは、また。
関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ブルザーノ
サカつく7の監督名をブルザーノにしているので、改名しました。
特にブログ主としての名前を決めて無かったので、仮ですが、ブルザーノとして頑張っていきたいと思います。以前は御坊茶魔と名乗っていました。
スパムコメントが多いため、コメントは承認制にさせていただいてます。よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
コメント
リンク
BLOG WIDGETS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サカつく7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。