スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サカつく7とりあえずの感想

発売日に購入することが出来まして、予約もしてなかったのですが運良く強力助っ人衆付きのを渡してもらいました。
現在は5月1週まで進めたのですが、まずは簡単な感想を。
今回は、全権監督ということで、自身の名前だけでなく、顔や特徴も設定出来ます。
とにかくこういうのを決めるのに時間がかかるタイプなので、ここだけで1時間ほどは。笑。

最初にその他色々と設定を行い進めるわけですが、面倒と感じるか、楽しいと感じるかはその人次第ということで。このあたりは割愛。


ゲームのベースは前作のサカつく6と大幅に変わった部分は無いように感じます。
オフィスも、スタジアムも、練習場も、運営方法も、ほとんど変わりません。
ですので、前作をプレイしている人は、特に違和感なく出来そうです。

ただ、前作より初心者に優しくなっているような感じもあります。
チュートリアル部分が、充実しており、そのチュートリアルをこなすと全権監督としての能力があがるポイントを得られる仕組みなので、常連、というか前作をやっていた人にとっては若干クドいというのか、優しすぎるというのか、悪く言えば、めんどくさいです。
例えば、情報を確認するというミッションをこなす→翌ターンポイントを貰う。練習を設定するというミッションをこなす→翌ターンポイントを貰う。など。
特にポイントなのが、毎ターンごとというところ。一気にこなしてしまいたい。


ただ、初めてやる人や少年たちの事を考えると仕方がないのかな、という気はします。
とはいえ、そんなにくどくどと説明しなくても体感で出来るというのが、いい設計だとは思うのですけど。余分な所に力を入れすぎたか?というような印象も。


まだ監督としての移籍や、イベント事、1年を通じての運営をしていないので、そのへんはおいおい。


ということで、その他の点を羅列しながら。

◆バグ系
早速、バグの修正アップデートがあったようですが、まだそこまで行ってないのでこれはわかりません。
こちらのバグは
Jリーグでプレイされるお客様へ
こちらのアップデートを行うことで解消されるとか。
ソフトアップデートを実施! 新たな秘書として伊藤友里さんが登場!(サカつく7公式)

一応アップデートも行いましたが、前がどうで今がどうなのか、まではわかりませんね。

・コーナーキックバグは修正されている
前作で、確か右と左のCKを違う人に設定しても、どちらも同じ人物が蹴る、というバグがあったのですが、それは直ってました。

・ニ人一気に交代したときに三人目への指示が出せないバグ
これも前作のバグですが直っているようす。

他は確認してないですが、これだけでもバグが減っていて良かった。とくにこのあたりは試合やアシストに直で影響されますからね。


◆その他感想
・ユニフォームの再現率の高さ
他のクラブがどうか、まではわかりませんが、名古屋に関しては充分納得の出来る範囲のユニフォームです。胸スポはクラブロロゴ(nagoya grampus)なんですね。

・選手データ、人物データ
これも全部確認したわけではありませんが、ケネディが短髪になっていたのが好印象。ケネディ以外の名古屋の選手もあらかた似てます。モデルがある以上、やはり気になりますよね、似てるかどうかは。特に前回、レッドスター(ベオグラード)にいたブルジャノジッチことブルザノビッチは、今回はJリーガーということもあり、一般的な顔から結構似てる顔まで進化を。

他にも、登場するU字工事さんはほぼ実写。笑。他の方は、どうかな、まだわかりませんが。

・サカつく6以降に名古屋に移籍してきた選手の若干、能力が落ちてるのが気になる
サカつく6で、他のチームにいた選手、例えば、闘莉王や三都主、藤本淳吾などなど。他チームにいた時はあれだけ能力が高くて羨ましい存在だったのに、名古屋に移籍してきたのが影響しているのか、クラブ間のバランスを取るためか、前回よりも能力が落ちてる気がします。あくまでも気がするだけですが。特に、藤本淳吾あたりは、ベンチレベルの能力に。一応昨季に清水でベストイレブンに選ばれているんですけどね。


・相変わらず、初期資金では全員を雇うことは出来ず
前回もそうでしたが、初期資金では雇える選手に限りがあります。名古屋の場合、常時ベンチメンバーまで含めて18人雇用しようとするのはほぼ不可能。どの選手を選んで、どの選手を外すか、クラブ愛や考え方が試されます。
ここは、前回のようにアップデートされるのでしょうか?どうしても期待せざるを得ないですね。

・相変わらずの、ブーイングの強さ
今度プレイ日記を書く際に改めて述べるとは思いますが、序盤でブーイングをされると

・相変わらずのホーム雨率の高さ
チケット代が設定できない以上、観客数が重要な収入源。なのに。雨が連続して辛い。笑。

・試合の日程は今年のJ日程とは別?
第1節から第34節まで公式の日程が決まってるはずですが、実際のものとは別でした。
例えば、名古屋は今年は開幕はマリノス戦でしたが、ゲームの中ではアビスパ戦でした。
オリジナルチームがある以上、難しいのかもしれませんが、J1くらい同じ日程にしてくれても、というところ。

・試合のスキップが出来ない
確か前作は試合中に相手のターン(シュートシーンなど)を×ボタンかなにかでスキップ出来たと思ったんですが、今回は出来ません。出来るのかな?今のところ方法はわかりません。相手のゴール後に延々とゴールパフォーマンスを見せられるのは苦痛だ。笑。

・一番変わらない所
前作と最も変わらない部分は、自分が応援しているチームで始めて、負けたり点を取られたりすると、異常に腹立ちます。笑。ここが前作との一番の共通点。


全体的な感想としては、序盤(まだ1年目5月1週目ですが)は、とにかく監督としてのミッションが作業的で辛いです。
まずは、Jクラブでやって、その後に改めてオリジナルクラブでやろうと考えていましたが、このミッションを繰り返すのは正直苦痛。引継ぎが出来るらしいので、引き継いでしまいそうです。最初から能力が高くなってしまうのが欠点ですが。


というわけで、次回はいよいよプレイ日記を初めて行きたいと思います。
よろしくお願いします。
関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ブルザーノ
サカつく7の監督名をブルザーノにしているので、改名しました。
特にブログ主としての名前を決めて無かったので、仮ですが、ブルザーノとして頑張っていきたいと思います。以前は御坊茶魔と名乗っていました。
スパムコメントが多いため、コメントは承認制にさせていただいてます。よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
コメント
リンク
BLOG WIDGETS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サカつく7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。