スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サカつく7 名古屋グランパスプレイ 3年目8月まで

前回、現実の名古屋と同じく14試合負けなしで終え今回15試合負けなしとなるかが注目される開始早々の1試合目。その相手が奇しくも同じく広島。これは、プレッシャーが掛かる。
3428969asdas.jpg

◆ピックアップマッチ広島戦
せっかくなので広島戦を少々詳しく。
前半
広島の山崎(最近山形に移籍ししましたね)に先制を許す。
プレッシャーの掛かる中、永井のゴールで同点。
その直後、永井が2枚目のイエローで退場。前半開始早々にイエローをもらったのが痛かった。
4-4-1で引き分けでも御の字。という試合運びをするが、
後半終了間際、ケネディのゴールで逆転。
無事、15試合負けなしを達成しました。
良かったよかった。

◆試合結果等
・6月
(A)広島 ○2-1
(H)甲府 ○2-0
(A)鹿島 ○3-0
(H)磐田 ○3-0

鹿島戦を勝利して、首位&無敗ターン。
1年目、2年目に苦しんでいたのが嘘のようです。

ナビスコカップ
(A)清水 ○1-0
(H)神戸 ○2-0
(A)札幌 ○3-0

グループリーグは全勝で1位をキープ。
これで今シーズンは清水相手に2勝1分。公約の達成に大きく前進。あとはカップ戦で当たらなければ。というとこと。
札幌戦は消化試合でしたが、以前こういう試合で手を抜いて以来調子を落としたことがあるので、本気で。

・7月
キャンプ 沖縄

トライアルカップ
横浜FM ○4-1
鹿島 ○3-0
仙台 ○2-0

無難に優勝。普段サブのメンバーも少し使えたのが良かった。

移籍、レンタル、帰国
竹内彬を千葉から完全移籍で獲得。ようやくCBのバックアップメンバーが加入してくれました。
玉田、ブルザノビッチがレンタルから帰国。
竹内、金崎をミュンヘンに半年の期限付き移籍

契約交渉
毎年年末に一斉に契約更新をしていますが、今年はいくら必要なのか全く見当がつかない。というわけで、数人契約更新に臨みました。
成功 楢崎、闘莉王、増川、玉田、永井
失敗 ケネディ

恐ろしいほどお金が飛んでいく。
ケネディの希望年俸が高すぎて、失敗。果たして年末に成功するのでしょうか?
他には、ダニルソンたちの更新が控えてます。

・8月
(A)新潟 ○2-0
(H)仙台 ●2-3
(A)FC東京 ○5-0
(H)清水 ○3-0
(A)浦和 ○3-0

遂に20節の仙台戦で今シーズン初の黒星。
常に先制される展開で、追いついた後半35分以降に勝ちにいき特攻の433に変更したところ、ブーイングも頂きあっさり3点目を失いそのまま試合終了。
結局記録は19試合負けなしでした。
まさかと思い念のため調べましたが、現実の方とはリンクしてませんでした。

しかし、これでプレッシャーから解放されてのびのびとプレイ出来るようになりました。笑。

・順位表
fsdf87r98sers.jpg
名古屋も独走しているが、広島も2位を突っ走っている。
もう少し広島がペースを落としてくれるとだいぶ気が楽になるのですが。

◆現在のフォーメーション
vcxgr8yfsd.jpg
キャンプ後のフォーメーションはこのとおり。
前半戦でトップ下を務めていた金崎を留学に出したので、帰国したブルザノビッチをそのままそこに。
調子のいい2トップは維持して、玉田を途中からブルザノビッチと交代してトップ下に。
その後は試合展開に応じて磯村を投入してダブルボランチにするなど。

玉田もチームから期待されてレンタル移籍にいっている間にレギュラーの座を失うとは思ってもなかったでしょうね。


◆チーム内得点、アシスト
・得点
25得点 永井
15得点 ケネディ
6得点 金崎
5得点 闘莉王
4得点 小川
3得点 玉田
1得点 増川、藤本、三都主

これまで得点に悩んでいたのが嘘のように点を取る闘莉王。
その他の選手も割と順調に得点を伸ばします。
藤本の得点が少ないのが少々気になる所。
8月から参戦の玉田が途中出場で限られた時間の中で既に3得点。流石です。

・アシスト
13 藤本
11 小川
7 田中隼磨
6 永井
5 ケネディ
4 金崎
2 玉田
1 阿部翔平、ブルザノビッチ

433時代と比べると、MFがサイドに開いたことで両SHを中心に攻撃しているというのがわかります。
トップ下があまり機能していない感じもします。
一方で前方にスペースがあった両SBからのアシストは若干減っている傾向。
とはいえ、田中隼磨の7アシストは去年よりもハイペースですが。


◆その他
dfs9f78df98df.png
雇いたい。しかしポリシーが全く合わない。

76907dfsd.jpg
魅力的なオファーが。迷ったが、今回は辞退。ノースロンドン(アーセナル)からのオファーを断った2人目の名古屋の選手としてクラブの歴史に名を刻みました。

というところで、今回は以上です。
今回もありがとうございました。
関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ブルザーノ
サカつく7の監督名をブルザーノにしているので、改名しました。
特にブログ主としての名前を決めて無かったので、仮ですが、ブルザーノとして頑張っていきたいと思います。以前は御坊茶魔と名乗っていました。
スパムコメントが多いため、コメントは承認制にさせていただいてます。よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
コメント
リンク
BLOG WIDGETS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サカつく7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。