スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某サッカー協会の中には腐ったミカンがいる【オリクラ12年目】

こんにちは。
今回は、少しイレギュラーです。
このままだと、某サッカー協会との間に修復出来無い程の溝が生まれてしまいそうなので、
更新することにしました。

オリクラ12年目代表招集あり2
◆我々を勝たせない何かが働いた

今回は、少しイレギュラーなため、詳細な成績や移籍関連は次回としたいと思います。

更新しようと思った理由はこちら

オリクラ12年目8月試合結果

6月には、全勝だったWプレミアリーグD3ですが、8月に入ったら1分2敗となってしまいました。

まるで、「我々を勝たせない何かが働いた」ようです。

原因は、ベストメンバー規定のあるJリーグを優先するあまり、
日本を代表するチームとして参加しているWプレミアリーグを軽視して
代表戦に招集してくる某サッカー協会。
おそらく、某サッカー協会の中には腐ったミカンがいると思います。



こちら、代表に招集されるWプレミアリーグD3でのメンバー
オリクラ12年目代表招集あり


こちら、ベスメンで「戦える」Jリーグでのメンバー
オリクラ12年目代表招集なし


他のポジションはともかく、サブのGKとか、ただの人数合わせですから。笑。
例えるなら、公式戦の出場記録のほとんどない若いGKでACLに臨むようなものです。
あれ?今年どこかのACL出場チームが準決勝の2ndLegで同じようなことやってたな。そういえば。笑。

今年D2に昇格出来なさそうなのは、仕方がないとは思うのですが、
負けてファンが1試合あたり500人~減っていってしまうのが辛いですね。
頑張ってあれだけ増やしたのに。。。
Jの試合で勝っても、プランの関係で1試合で50人位しか増えない。泣。

まあ、4年に1度のフル代表のW杯予選と、たまたま被ってしまっただけなんですが、
これは、日程調整のミスとしか言いようがないかな。
世界版の「日程くん」仕事しろ!

某サッカー協会とか言ってますが、
すでにチームでも干されている、

ラートマン と ブルジャジッチ(ブルゾ)

も、代表に招集されているので、

どう考えても、悪いのは、ワールドプレミアシップを開催している、
「この世の全てを手に入れた男」 こと、エストデーラさんです。はい。


それにしても、ブルゾが代表に選ばれるとは。。。
のび太が大学に合格した時と同じ気分です。謎。
頑張って国をW杯に連れて行くんだぞ!


◆バグの原因はこれ?

前回紹介したバグですが、原因?ではありませんが、情報をとって来る場所が違うようです。

オリクラ12年目8月

上に掲載した、8月の成績一覧を見ていただけば、分かるかもしれませんが、
「ベストメンバーで戦った」Jリーグの成績:4勝1分0敗
「ベストメンバーで戦わせてもらえない」ワールドプレミアシップの成績:0勝1分2敗

どう見ても、ワールドプレミアシップの成績が表示されています。
ちまみに、9月の成績でも確認しましたが、少なくとも8月,9月と、3月~6月は、
ワールドプレミアシップの成績が表示されているようです。


■バグの原因はこれ?のまとめ

ということで、これまででわかっている範囲で、まとめてみると、
12年目に初めてワールドプレミアシップD3に挑戦すると、

3月~6月,8月,9月の月末の月間クラブ成績にて、
Jリーグディビジョン1の成績ではなく、ワールドプレミアシップD3の成績が表示される。

ようですね。
これがずっと続くのか、今年だけなのか、僕だけなのかは分かりませんが、
少なくとも、僕のこのデータではこうなっているようです。



◆メモ

今回の件は、だいぶやる気を削がれてしまいました。
さすがに初めてチャレンジしたワールドプレミアシップD3で、この仕打ちは正直泣きたくなりました。
特に、序盤に4連勝して手応えを掴んでいただけに、悔しいですね。


ただし本当は、某MHP2Gを久しぶりにやったところ、
必死にやりすぎて、右手の親指を痛めた事が、
PSPを握る気が起きないことの一番の原因だと言う事は、ここだけの秘密です。


ちなみに、前回から始めた「クラブレコードを紹介するコーナー」は、
今回のエントリはイレギュラーな為、掲載してません。
次回は、掲載する予定です。


※今回のエントリに関連しそうな商品・Wikipedia・YouTubeなどへのリンク
我々を勝たせない何かが働いた(Wikipedia)
腐ったミカンがいる(Wikipedia)
ベストメンバー規定(Wikipedia)
この世の全てを手に入れた男【オリクラ11年目】(サイト内)


※※
日程くんについては適当なリンク先が無かったので、簡単に解説しますと、
正式名称は、「Jリーグ・マッチデースケジューラー」といい、本来は日程を決定するのが仕事のただのコンピュータなのですが、毎年神がかり的な日程を組むので、Jサポからは親しみを込めて「日程くん」と通称で呼ばれてます。
⇒この説明はかなり曖昧な感じで書いてるので、詳細を知りたい方は、自力で調べてください。笑。
関連記事

tag : バグ ワールドプレミアシップD3



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゲーム的なことを言うとホントに「神の手」が働いているとしか・・・
8人持ってかれるだけでいっぱいいっぱいなのにDFラインを根こそぎって悪意なしにはできない召集ですよ。
てか自チームの外国人選手は呼ばれるのになんでWPSの他のチームはベスメン!?
たぶん選手たちは呼ばれていった先で「あれ、誰もいないけど・・・」みたいなことになっているんでしょう。

ベスメン規定については正直反対です。(現実でも)
もちろんチームの顔である主力を出せというのはわかりますけど暗にサブの選手たちに「お前らはプロじゃない」と言っているような
ものだと思います。
それこそコアサポーターはチームのどの選手がでてきても応援するわけですし1人2人の選手だけを観にきたようなファンにもその
ような観方を促すのも協会の責務では?

代表・ACLなど過密日程で自身としても監督としても休ませたい、経験をつませたい若手もいる、でも規定が邪魔をして出来ない。
で、サブはやる気をなくして主力も怪我をする。で、結局主力は観れなくて集客も下がりクラブの予定も狂う。そのくらいのシナリオは
パッと浮かぶんですがそれでも規定を施行するメリットってなんなんでしょうね?わからんなぁ~~。

Re: No title

るいすこすた様
こんにちは。

DFラインをごっそりですか。それはキツイ。。。
最近は、ちょっとマイナーな国の選手(今だとブルゾのモンテネグロ)が、予選だけ呼ばれて
本戦の時に呼ばれないと、敗退したんだな。残念、次ガンバレ!
っていう謎な楽しみ方をしてます。笑。

ベスメン規定は、来シーズンもあるんですかね?
来シーズンからは、サテライトのリーグ戦が無くなるとか。
そうすると、地域によっては練習試合もろくに出来ない状態になりそうですが。

ベスメン規定のわずかに良さそうな面としては、
これまで以上に若い選手が試合に出る機会、若い選手を試す機会が減っていくので、
新卒の有力選手が、試合に出られるチームを選んで加入するようになり、
そこから個人またはチームとしてステップアップしていく、
という欧州や南米に似た本来あるべき形に日本のサッカー界もなるかもしれません。

これまでJ1のトップチームに入団し、2,3年ほとんど試合に出られなかった選手が、
今後はJ1の中位~下位,J2のチームに加入してバリバリ活躍してくれるかもしれませんよ。


ベスメン規定の以前にも、若い選手が試合に出られずに、才能を潰してサッカー界を去っていってしまいましたからね。
若くて才能のある選手が自分の好きなチームに加入してきてくれるのはうれしいことですが、
その時点で全く試合に出られないのならば、まずは別のチームに加入して2,3年試合に出て、
自分の価値を上げて移籍金を払わせて堂々と加入してきてくれれば、何も問題ないと、
個人的には思ってます。


今年は、移籍ルールの改訂もあり完全に失敗しているチームがありますが、
そういう仕組を上手く作って活かしていれば、今、経営に困っているらしい某クラブも、
名古屋から2億,3億くらいは取れていたかもしれないですしね。笑。


こんなに長く連々と書きましたが、結論としては、僕もベスメン規定には反対です。笑。
プロフィール

Author:ブルザーノ
サカつく7の監督名をブルザーノにしているので、改名しました。
特にブログ主としての名前を決めて無かったので、仮ですが、ブルザーノとして頑張っていきたいと思います。以前は御坊茶魔と名乗っていました。
スパムコメントが多いため、コメントは承認制にさせていただいてます。よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
コメント
リンク
BLOG WIDGETS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サカつく7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。